fc2ブログ
波に揺られて(^o^)ー空気の海に漂う私たちー
2018/01/23(Tue)

はじめて海に行ったときのこと、よくおぼえています。
泳ぎにくくて驚いたから(^o^)
ひっきりなしに波が来ては遠ざかる。
そのたびごとに足がふっと浮いたり沈んだり。
顔に水が押し寄せたり引いたりして落ち着かない。
波がなければいいのに!って、
プールしか知らない女の子は思いました。
それでもかまわず海はちゃぷちゃぷ波がたつ。
海は波のエネルギーに満ちています。

海だけじゃありません。
私たちの日常空間もまた波のエネルギーに満ちています。
空気の海も、ちゃぷちゃぷ波がたつ。
波間に浮いている私たちです。
「荒波にもまれる」っていう言葉があるくらい、
波は厳しい条件と思われますが、
波がなくなったら困る生き物もいると思う。
むしろ波にもまれ続けないと具合がわるいでしょう。

音は、鼓膜の振動によってとらえられる波です。
人間の感覚でとらえられない音はたくさんあります。
むしろ人間のとらえる音は、ずいぶん限られている。
人間の耳に音としてとらえられようと、とらえられまいと、
大気は空気の海であり、
私たちは空気の海に住んでいるお魚のようなもの。
波にちゃぷちゃぷ揺られながら生活している。
波なしにはまっとうに生きてはいられない。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト



この記事のURL | 自然法則 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |