FC2ブログ
食べればいいでは済まされないー代謝も含めた栄養対策ー
2017/05/02(Tue)

栄養障害というのも、
ただ食べ物不足という単純な問題ではなくて、
栄養が体の中でどのように変化し、
活用されるかを考える必要があるでしょう。

栄養というのは、そのままでは活用できません。
さまざまな酵素が触媒となり、
実に多くの物質代謝が体内で行われてはじめて、
栄養の意味がある。

アレルギー体質のひとは、この物質代謝というのが苦手らしい。
ぜんぶとは言いませんが、一部、苦手な代謝がある。
一部の代謝にかかわる酵素の濃度や量や活性が、じゅうぶんではない。
そのような見方・考え方も、あるわけです。
そうなると、ただ口から摂取して栄養補給しても、
活用できる体の条件がそろっていないので、
健康食品やサプリも効き目がない。
「あのひとには効いたけど私には効かない」
そういうことがじっさい、いくらでも起こります。
よって、体の機能を正常化させるということは、
もっとも最優先されるべき課題となり、
操体法が筋肉をゆるめ、自律神経をととのえることを主目的にするのも、
そういうことだと理解できます。(5)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


記事をアップしました!
↓↓↓こちらをワンクリックでサイトが開きます!(^^)!


やさしく体を揺らしてみる
ーぜんぶの関節が語り出す連動についてー



i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(三名~)③個別実習(3000円) 
※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。




スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |