fc2ブログ
病気への道があり、故障への道もある
2017/01/19(Thu)

歩行困難や、さまざまな疾病に悩むひとがあったら、
よく観察してみる。
「あれを続ければ誰だって破たんするのは当たり前」
そう思われるような、
クセのある息食動想をしていることが、見えてくる。

「わたしはなにもわるいことをしていない」
そう宣言するひとは少なくない。
「こんな目にあうようなことは、何もやってないのに」
歩行困難になったり病気になったり。
何もしてないのにひどい目にあうのなら、
まさに悲劇の主人公、被害者だ。
「老化のせいだ」
「病気という悪魔さえいなければ」
老化や病気を恨むという選択もあり、
老化や病気とお友だちになるという選択もある。
しかし第三の選択として、
「こんな目にあうようなことを、
自分自身で、やっているのではないか」
というのも、あるということ。(8)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の運転が一番落ち着くーぜんぜん危険と思えないー
2017/01/19(Thu)

「自分から病気や苦難を招くようなことをしている」
という考え方を受け入れるのと、
受け入れないのとでは、
対処法も大きく異なってくる。
どの程度受け入れて、
どの程度受け入れないか、
そのあたりの温度差というのも、
対処のあり方を左右するだろう。

「そんな運転しているから、
事故を起こすのも当たり前」と言いたくなるような、
車の運転をしているひとがあったなら、
どんなアドバイスをすればいいだろうか。
周囲からいろいろ言われたって、
最終的には、運転者が自分自身で気づくしかない。(7)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |