fc2ブログ
治そうと思わないでも次々治っていく不思議ー骨格の歪みが万病の根本原因ー
2016/11/20(Sun)

打撲と老化による腰痛は、整形外科の仕事。
不眠症は、睡眠障害センターの仕事。
消化の問題なら内科。
そんなシステムで動く文化、社会の中にいると、
操体法は、まったく理解できない。
しかし目の前に腰の痛い人間がいて、
操体法をやっていくと、
ヒザとか不眠症が治っていく。
じっさいそんな現象が起きていることは、
誰にも否定できない。
自分自身もまた、
背骨の打撲の古傷を医者に指摘され、
肝臓病を指摘され、
さらに重度の生理痛や肋間神経痛、片頭痛、
その他いろいろとあったうえ、
坐骨神経痛がいよいよひどくなってきて、
操体法とかどうかなあと取り組んでいたところ、
治そうと思ってなかった症状たちが、先に消えていった。

さすがに自分の体で起こったことだから、
否定できないでいるのである。(3)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
骨格の歪みに取り組むことが万病対策となるー万病の根本原因は一つー
2016/11/20(Sun)

いつまでたっても対症療法の頭で考え、
腰が痛いと聞けば腰が治ればいいですねと言い、
ヒザの症状を聞けばヒザが治ったらいいなと願い、
不眠症と聞けば、
不眠症という病気を退治しようという気に、
なってしまったりするのである。

ヒザは打撲したので負傷である。ケガである。
腰は年齢を考えると老化現象かもしれない。
不眠症は内分泌、ホルモンの影響もあるのかな。
そのような社会常識で考えれば、
筋肉をゆるめてバランスを正常に戻し、
骨格の歪みを解消していこうという操体法では、
操体法一つでは、
すべてには対処できまいと思われるのも、
当然ではあるまいか。(2)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |