fc2ブログ
新しい意識の世界が開けてくるー「またここに来る」と思う自分だけの場所ー
2016/11/06(Sun)

「意識を集中させるということが、
じつはサッパリわからないんです」
操体法をやっていると、
そんな質問を受けることもある。
「言葉で説明するものではないんだけれど」と思いつつ、
集中ということをあらためて考えてみる。

自分は朝、山に行くのである。
山に行って一人で歩いていると、
ふだんの自分と違ってくる。
一人で二時間三時間と歩いているうちに、
自分だけど自分でないような、
意識の世界が開けてくる。
それがあまりに心地よく、
「ここから出たくない」と思い、
それで山を離れるときに「また来る」と、かならず思う。(2)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
体が動くことよりも意識が動くことのほうがだいじ
2016/11/06(Sun)

意識をどこに置くか。
自分の感覚が、どう変わってゆくか。
体操と操体法のちがいは、
「意識と感覚」の一言に尽きる。

体操で体を動かすときに、
どこに意識を集中させるかということが、
どのくらい重視されるだろうか。
体を動かすときに感じられる身体感覚について、
どのくらい語られるだろうか。

操体法では「体を動かすこと」そのものよりも、
動かしたら何がどう感じられるか、
意識や感覚のほうが大切なのではないかと、
自分は考えている。(1)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |