FC2ブログ
ひとのからだのことはわからないと専門医はいうーわかってなかった、のかー
2016/10/17(Mon)

「他人のからだのことはわからない」という、
ドクターの正直すぎる発言が、
私の持つ家庭の医学書に記載されている。
分野別の専門医のインタビューに出ているのだ。

自分で病気した場合は、
体調の変化を見守るようにしている。
薬でごまかすと、どのくらい重いか軽いか、
判断がつかなくなる。
しかしひとさまには薬をできるだけ多く出す。
ひとのからだのことは私にはわからないし、
つきっきりでいるわけにもいかないから、
予防線の意味でよけいに出しておく。
患者さんもそのほうが安心するのではないか。(5)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
病気を医者まかせにすることは体のこと命のことを人まかせにすることーまかせたいという心理ー
2016/10/17(Mon)

本気で治りたければ、
「自力でこうやれば治る」と知ったら実行に移し、
ハードルを越えて進めばいい。
じっさいそういうひとは案外少なくて、
治りたいのか治りたくないのか、
よくわからないようなケースが散見される。

「自分で取り組むなんてめんどうだイヤだ」というのが、
その主な理由かもしれない。
「そうたいほう? なにそれ?」っていう、
不信感もあるかもしれない。
「体が弱っている時くらい癒されたい、ひとに治してほしい」
「親切にいたわってもらいたい」というような心理もまた、
どこかに潜んでいるのかもしれない。

しかし「自分の体は自分で治すしかない」という開き直りが、
回復への早道だし、それは事実である。(4)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |