FC2ブログ
おいしくて健康によいから洋食化という話ではなかったー仕組まれた洋食化ー
2016/10/04(Tue)

PL480法案。
アメリカ議会を通過した、この法案により、
私は日本の伝統食で育つことができず、
洋食で育てられなければならなかったという。
日本の食が肉や卵や牛乳へと流れてゆく法案が、
アメリカ議会を通過していた。
私はそのことをごく最近になって、
森下敬一医学博士の発行する月刊誌で知った。
知ったといっても半信半疑。
「戦勝国アメリカが、
敗戦国日本の食の流れを、
わざわざ国策として変えようとするだろうか」

自分の大学は文化人類学者の巣窟のようなところで、
フィリピン、ハワイなどにおいて伝統食がすたれ、
肥満や健康被害だけでなく、
民族的なアイデンティティが失われつつあるとの指摘を、
よく耳にした。

民族的自覚が失われた結果、食生活がこわれるのか、
食生活がこわれた結果、民族的自覚も失われるのか。
いずれにせよ敗戦した国では、
伝統的な生活文化が壊され、失われてゆく。(4) 

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト



この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
疲れのもとを断ちましょうー「疲れを解消したいとき何をしますか?」ー
2016/10/04(Tue)

骨組みに多少なりともクセがあり、骨組みに対して重力が垂直にかかるため、
疲れの状態が偏ってしまう。
じっとしているよりは少々お行儀はわるくても、
体をゆする、姿勢をちょびちょび変えるなど、
疲れが偏らないよう工夫する。


疲れにも心地よい疲れと不快な疲れがある。
心地よい疲れは眠りをさそい、休息で元気を回復する。

眠りたくても眠れない。
暴飲暴食、ひと暴れしないと眠りにつけない。
リラックスできないまま疲れを引きずり、ためこんでいく。
そういうたちのわるい疲労というのもある。
自分は若いころにそういうことが続いて大病し、倒れた。
まだ十八歳だった。

大病ののち無気力と慢性疲労の感じが抜けず、
自然食、ヨガ、それからいろんな病院、治療院などを渡り歩き、
三十歳のとき操体法にヒットした。

慢性疲労は治らないとあきらめていたが、
気がついたときには元気回復していた。
「なんだ。ゆるめればいいのか」と自分なりに気づいていた。
四十五歳でむち打ち症を得、
またしても慢性疲労、うつ状態に叩き込まれてしまった。
もうダメだとあきらめていたが、
最近気がついたらスッカリ元気回復している。

自分の心がもう少し強くてまっすぐで、
もう少し素直に信じて進めていたら、
三分の一から半分くらいの期間に短縮できたと思うが、
まっすぐにいかなかったし疑心暗鬼で苦しんで、
もつれて長引かせてしまった。
でも治ったから、もういいのだ。

多少の時間がかかっても、ちゃんと治ればいい。
やはり筋肉バランスをととのえて、
骨格の不正に取り組むしか、なかった。

あきらめたほうがラクだよと親切に言うお医者もいたが、
あきらめるには若すぎたし元気すぎた。
何度波をかぶっても立ち上がろうとするのは、
誰にも止めることのできない命のはたらきなのだと思う。

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
給食を強制して食べさせる-食文化の破壊を促進する食育ー
2016/10/04(Tue)

田植えのおわった緑の田んぼを眺めながら下校した。
ランドセルには残したパン。
給食独特の臭みのあるパンを犬にやっていた。
米余りの時代も給食には米ではなくてパン。
給食のメニューと日本の敗戦とは、
関係の深いことだったのだと聞く。

自分は給食こそ食べなかったものの、
家庭のほうも洋食中心。
マヨネーズ、ケチャップ、ソースが主な調味料。
毎日の食卓に卵やひき肉、ハム、ソーセージが必ず出る。
朝はパンに牛乳。
どうして洋食で、肉食で、
自分は育たなければならなかったか。
アレルギーで苦しむ子供時代を送った自分は、
そのことについて無関心ではいられない。(3) 

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |