FC2ブログ
捨てられるものはあるか-いざ捨てようとしたら何一つ捨てられない-
- 2016/06/12(Sun) -

生活の改善とは破壊と創造の繰り返し。
どこかを崩さなければ新しいことはできない。
何か切り捨てれば、
どこか別のところから新しい枝葉も伸びてくる。

こわし、くずし、捨てるということから、
生活の改善は始まるが、
「言うは易し行うは難し」だ。
日常生活というのは何一つ変更ができない完成品だ。
イザ崩そうとすると、
どこをどう突ついても動かせそうにない。
病気やケガというのは、
うれしくないトラブルであるが、
生活を破壊する力を持つ。
破壊されたら終わりかというと、
どっこいそうじゃない。
破滅的な破壊となるか、創造的破壊となるか、
そこは各自の勝負なのだと思う。(了)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悩みも苦しみも取り出して捨てることはできない-自分で消すほかない-
- 2016/06/12(Sun) -

「不快」「不愉快」という感覚は、
ほかでもない自分自身の中にある。
その不快感、その不愉快な気分がなければ、
世の中すべてけっこうだ。
幸せというものだ。

感覚というのは、触れることもできなければ、
取り出して捨てることもできない。
「不快」「不愉快」の感覚をなくせるのは、
自分自身しかいない。
そのようなことを、
その僧侶は何度も何度も話してくれた。(5)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |