fc2ブログ
神経ほど大切なものはない-神経の代わりはない-
2016/03/25(Fri)

神経は自動調節装置のかなめ。
神経のはたらきに代わるものを人間は持たない。
こればかりは高度医療だろうと名医だろうと、
ぜったいにできないことだ。

せめて神経に本来のはたらきを行ってもらい、
体に備わった力をじゅうぶんに発揮してもらうため、
体をととのえる。

筋肉の固さを取り除き、
神経のはたらきをじゅうぶんに保つ。
それがベストだし、
そのくらいのことしか人間にはできないよというのが、
自然医学の基本だろうと私は考えている。(了)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 筋肉をゆるめ・ほぐす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生き生きとした神経-操体法のねらい-
2016/03/25(Fri)

生命の営みは、
末端神経と中枢神経との情報のやりとりに基づく。
神経が気持ちよく活動できるよう、
神経の周辺環境を整えてやるというのが、
操体法のねらいである。
筋肉の弾力を取り戻し、筋肉バランスを整え、
全身にはりめぐらされた神経に、
生き生きと働いてもらう。

神経を、にぶらせない。
それが身体の機能を発揮するうえでの「要(かなめ)」となる。(続7)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 筋肉をゆるめ・ほぐす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |