FC2ブログ
生きているときも困らないし、死んだあとも困らない生き方
2016/03/21(Mon)

自分の意識を鍛えてパワフルにする。
自分の意識を浄化してクリーンにする。
そうすれば、生きているときも困らないし、
死んだあとも困らないだろう。
そういう方針で生きておれば、
自分の方向もおのずと定まってくるように思われる。
死に方もおのずと定まってくるように思われる。
死ぬまぎわのギリギリになって対処しても、
間に合うような問題でもなさそうだ。
手術するかしないか検討している数日のうちに、
お身内は、昼寝でもするように静かに息をひきとられたと聞く。
苦しみもなく安らかな寝顔であったそうで、
大往生といえるのではないだろうか。(了)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
死んだあとに後悔しない生き方-死んだあとに後悔しない死に方-
2016/03/21(Mon)

なぜ生きているか。
魂が成長するために生きているという考え方がある。
生きているうちに霊魂が体から抜けることを、
とくに幽体離脱というが、
どうせ死んだらみんな体から抜けてしまう。
いつかは肉体のない状態になる。
そのときのために後悔しない生き方をしましょうという。
魂をじゅうぶんに成長させるような生き方をして、
じゅうぶんに成長した魂が、
今の肉体を抜けて、
新しい段階、新しい世界へと移ってゆく。
そう考えて、何かわるい影響あるだろうかと考える。
考えてみて、べつにわるいこともなさそうだ。
むしろよいくらいだと私は考えた。(続10)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |