FC2ブログ
苦しみを増やす治療なんてヘンである-苦しみの量が減ったか増えたか-
- 2016/02/25(Thu) -

一つの症状を消すために、
その引き換えとして、
二つ三つのダメージなり犠牲なりを要求する。

薬をもらうときに、わるくない胃の薬までついてきて、
「この薬は胃を荒らしますから」と説明を受ける。
そんな話にのるのか。

「症状ぜんぶ治しちゃったらいけませんか」
「こうなったら、ぜんぶ治っちゃいましょうよ」っていうのが、
東洋医学の考え方ではないかと、私は思っている。

ふだんは無視することに決めている症状もある。
ただ言わないだけで、意識のまな板にのせないだけで、
ほんとうは自覚症状も無自覚症状も、いろいろ抱えていたりする。

そんな事実に、はやく気づかなければならない。
ある方法をとったときに、
いろんな症状の全体の量が、
増えたか減ったか、よくよく気がついたうえで、
治療法を選ぶことである。(続8)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
病院から抜け出せなくなる-症状を増やすな-
- 2016/02/25(Thu) -

一つの症状をなくそう、治そうとがんばっていたら、
「わるくなかった肝臓までわるくなった」
「ほかの症状が出てきた」

自覚症状および無自覚症状が、
トータルでふくらんでいくことも、対症療法では見られることだ。

気づかぬうちに、ふくらんでいく仕組み。
借金ぜんたいが増え、ローンから一生足が抜けなくなる。
対症療法は一生病院通いから抜け出せなくなる。
自分の体験では、そのように感じたこともある。(続7)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |