FC2ブログ
賞味期限切れの検査数値で線引きするしかないのか
2016/02/23(Tue)

検査を受ければ受けるほど体への負担は増し、健康を害する。
生きた体というのは変化する。
検査を受けるだけでも体の事情は変わっていく。

以前受けた検査の数値が、
数日、いや数時間後には賞味期限切れにならないと、
誰が保証できるか。
人間が自分たちで勝手に線引きしていけば、
何とかそれらしい恰好をつけることもできようが、
そうしないと成り立たないのが、
現代医学の世界なのかもしれない。(続4)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | キャンプ生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほんとうのところは誰にもわからない-独断と偏見で決めさせてもらう-
2016/02/23(Tue)

これとこれを組み合わせたら、この病気になる。
しかし、これとあれを組み合わせれば、あの病気にもなる。
どうしようかな。
表情をくずさない医者のほうでも、
心の中ではもちろん迷っている。

まったく別の料理をつくってみたり、
似たり寄ったりの料理をしてみたりして、
それらしい診断名に分類してしまわなければ、
その先、何一つ身動きできない。

役に立たないと思われ、切り捨てられた症状。
役に立つと思われて拾われた症状。
病名を決めるのに、どれが有用で、どれが無用なのか、
最終的には学会のマニュアルと、独自のカンによる。

医療現場で行われる検査を片っ端からやっていたら、
いつまでたっても終わらない。
そのようにお医者からうかがったこともある。(続3)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |