FC2ブログ
のんきな胆石-石をかかえて二十年以上-
2016/02/14(Sun)

中学のときに「胆石がある」と言われ、
定期的に通院し、ウォッチし続けて、
ふつうに暮らして何も困らない。
そのような方がいる。

結果的には、あっても何ら困らないものだった。
しかし「用心のため」に映像で確認していた。
食養生はせず、むしろグルメだったためか、
サイズは大きくなってきた。
今からでも食養生に取り組もうかと思っている。
切るのはいつでも切れる。
医者ともそう話している。
そんな胆石もある。
一人一人、ケースバイケースで、ちがうのだ。
石の画像がある、ハイ切らなきゃね、
それで年間二十万の胆のうが、
惜しみもなく切り取られていく。
その事実が考え直される日も遠からず来るだろう。(了)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のど元過ぎれば熱さ忘れる-手術をしたら終わりか-
2016/02/14(Sun)

胆のうを切り取って、たとえ元の痛みが消えても、
結石をつくる食生活が変わるわけではない。
痛みがなくなったら、結石をつくる食生活を、
むしろ平気で続行できる。

胆のう、肝臓、胃、すい臓が、
互いに関連しているということを考えれば、
胆石をつくる食生活が、
その他の臓器によいはずも、ない。
胆のうを切り取って、それで終わりになればよいが、
恐らくうまくいくまい。

「一病息災」という。
一つの病を得たら、
それは全身の機能低下の合図、警告として生活を見直せば、
その後の災難を逃れることも、できる。
それがほんとの予防医学というものではないかと思う。(続12)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |