FC2ブログ
「文明的な生活」が正しいか-収奪型経済の行きづまり-
2015/12/13(Sun)

古来より営まれてきた、伝統的な生活スタイルを送るグループと、
外からやってきて、
「文明的な生活をしろ」と言って、
その伝統的な生活を荒らしてきたグループがある。

大地は植物にとっても動物にとっても、
もちろん人間にとっても、
生きている間の生活の場、心のよりどころである。
アボリジニをはじめとする先住民の人々は、
自然を荒らすことを戒め、
自然とともに歩んでいく文化的な生活を、
営んでいた。(続2)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | キャンプ生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昔のままで幸せです-昔の生活はまちがっているのか-
2015/12/13(Sun)

オーストラリア先住民の楽器ディジュリドゥを、
近所で練習しているというので、見学に出かける。
何となく声をかけたら女三名になったが、
現地では女性が触れることはタブーの楽器である。

大学時代に、アボリジニ研究の文化人類学者から、
指導を受けていた時期があった。
研究のため、家族ごと現地で生活されていたと聞く。
先住民の人々は、古来の生き方のままで全く困らない。
外部に助けを求めたりもしていない。
勝手に外からのりこんできた者たちが、
奪ったり殺したりしてほしくないと願っている。
そんな話を聞いたのを、昨日のことのように思い出す。(続1)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |