FC2ブログ
自分で自分の足を引っ張ってしまう-倒錯した行動-
2015/12/10(Thu)

「好きと嫌いでできた世界」は「相対の世界」「妄想の世界」だといわれる。
妄想の世界の住人は、泣いたり笑ったりを繰り返すほかない。

「喉が渇いているときに塩水を飲み、さらに渇きに苦しむ。
そんな世界だ」と、チベット密教のある高僧は指摘する。

凡夫とは倒錯した行動をとる人のことだ。
「幸せになりたい」と望みながら、
自分の首を絞めることばかり、やってしまう。
凡夫の不安は消えることがない。
不安の炎に油を注ぐのは他ならぬ本人なのだから。(続3)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
喜び半分・苦しみ半分-酒で笑って酒で泣く-
2015/12/10(Thu)

人間の望むことには、
幸せのもとと不幸のもととが、半分半分に仕込まれているのか。

「チョコを食べたい」「ゴルフを続けたい」「お金がほしい」
どんな望みをかなえても、
楽しみと引き換えに苦しみが待っている。

お酒で笑ってお酒で泣いている人を見ていると、
楽しみのために飲んでいるのか、
苦しむために飲んでいるのか、
よくわからない。

「仕事が楽しい」という家人にしても、
はたから見れば、
全てを仕事の犠牲にしているように見える。
「ヨガが楽しい」と言っていた自分でさえも、
ヨガの後遺症をかかえている。

「それが凡夫というものだ」
そう教えてくれたのがブッダなのだった。

「凡夫のままでいる必要はないよ」
そう教えてくれたのも、ブッダだった。(続2)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |