FC2ブログ
自分が助かることしか考えなかった-自利の操体法-
2015/07/10(Fri)

いろんな登山口があって、いろんなルートがあっても、
のぼっていけば一つ。
動機はないよりも、あったほうがいい。

「患者さんのために」と、
操体法を習いに来られる方もあるが、
自分の場合は、自分のことしか考えなかった。
「自分の役に立つ」ということが、
いちばん肝心であって、
「ほかの人にもよいのか」など、
考えることはできなかった。

「自分さえよければ」と思うのが、
患者の心理ではないかと思ったりもする。(続1)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


 お問合せ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法とともに-操体法との出会いから | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「治るんだろうか治らないんだろうか」わからないのが苦しい
2015/07/10(Fri)

病人と過ごしていると、この人はなぜ、
このような目にあわなければならないのか、
考えてしまう。

病人は、自分の病気にも、自分の体のことにも、
あんがい興味を示さない。
「とにかく治ればいい」と思っている。

しかし無関心では治らない。
しだいに関心を持つようになってくると、
「何をどうすれば治るか」ということが、
おのずと本人にわかってくる。

答えは本人の中に見いだされてくる。
それがおもしろくなってくると、
治るとか治らないとか、そういうことで苦しむことは、
少なくともなくなるはずだ。

こればかりは、じっさいにやってみて、
体験しなければ、わからない。(了)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


 お問合せ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

  
この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |