FC2ブログ
副作用のない万能薬-脂肪酸からつくられる-
2015/02/23(Mon)

病気の諸症状とは、生体反応に他ならない。

病気でもたらされる痛み苦しみを引き起こし、
コントロールし、収束させるのもまた、
脂肪酸をもとに体内でつくられる、
ある重要な物質なのである。

プロスタグランディン。
あらゆる生体反応に関わりを持ち、
コントロールする物質である。

たとえば血圧。
血管を形成する平滑筋が、収縮・弛緩することで、
血圧が調整される。

プロスタグランディンは、
平滑筋の収縮・弛緩をコントロールする物質でもある。

私たちの体がつくりだす、副作用なしの薬である。(続2)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


 お問合せ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


スポンサーサイト



この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なぜ脂肪酸なのか -第三のホルモン、プロスタグランディン-
2015/02/23(Mon)

油を食べたら、体の中で脂肪酸とグリセリンになる。

中学で習い、テストに出るので暗記したが、
そこから先の話は、
人生が半世紀を過ぎた今の今まで、
思ったことも、ない。

脂肪酸は、体内の酵素のはたらきで、
重要な何ものかに、変わる。

その重要な何ものかが、
あらゆる生体反応を引き起こし、
生体反応をコントロールする。(続1)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


 お問合せ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。
この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |