fc2ブログ
体を整えれば気分も晴れる-どしゃぶりの日に濡れている必要はない-
2013/12/06(Fri)
触角の折られたアリががちゃがちゃに動きまわり、方向がわからずに頭をかかえこんでうずくまるということを繰り返す。その姿は、心も体も思うようにならず、気分もよくないときの自分の姿と重なる。

体が軽いのに心が重いとか、体が思うように動けない日に限って心が晴れ晴れするということはない。気分というのは神経との関わりがある。気分が晴れないというのは、頭にもやもやと霧がかかり、自分のことも周囲のことについても、よくつかめない感じだ。感覚神経の情報がきちんと伝わらないのである。


健康法 ブログランキングへ

「動く」というのは筋肉と神経のはたらきに関わりがある。「気持ちよく動けて心も軽い」という一日を送るか、「思うように動けず気持ちもスッキリとはいかない」という一日を送るか。それを左右するのは筋肉と神経の状態によるところが大きい。

気分が快晴か、うす曇りか、どしゃぶりか。それを決めるのは体の状態による。操体法で体をととのえて、力の伝わりを改善するやり方を知れば、どしゃぶりを曇り空に、曇り空は晴れの天気くらいまで自分で持っていくことはできる。

気分のすぐれない日に操体法の動きで確認すると、体が固い。
気分のよいときに確認すると、左右きちんとそろいやすく、違和感や不快感がほとんどない。
ならば固い体の動きを改善し、動きにともなう違和感や不快感を減らすと、気分はどうなるか。
単純にして明快である。


i

操体法講座のお知らせ
①12月14日15時~(天神会場)
②12月18日・19日・21日14時30分~(野間会場)

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |