fc2ブログ
求められるものを、求められるがままプレゼントする-深く突き刺さって抜けない言葉-
2013/12/03(Tue)
話題が豊富であるのにムダ口が一切ない。アドバイスを求められれば的確なことを指摘してくださるが、こちらから求めない限り、ほとんど口をきかれることはない。
「そんなにわかっていたのなら、もっとはやくに話してくれれば、こっちはよほど助かった」と思われるくらいに、だまっている。

よくよく考えてみると、その方の口を封じていたのは他ならぬ自分自身。口を封じる「私」がなくなったとき、もしくは我がおさまってきたときに、口は開き、大胆で力強い言葉が飛び出してくる。
その方の言葉は、だからいつも忘れられることなく、深く胸に突き刺さったまま抜けない。


健康法 ブログランキングへ

家人の操体法に毎日つきあって約一ヵ月半が経つ。身内のよしみで油断すると、何を言ってもゴミである。ゴミばかりなら、まだよいが、お互い傷つくのでは益がないどころか害悪である。そんなことを思ううちに、「なるほど」と思い当たることがあった。
「封じられている」と感じられる間はきちんと閉じて、「封じがほどかれた」と感じるときには、きちんと語ることができる。その口の感覚が少しわかるようになり、家人も話してくれる、こちらも聞き取れるようになる。これはいまだかつてなかったことである。

封じの解除はまったくまれである。その貴重な機会に、何を言うべきで、何を言うべきでないのか、足りない頭でものすごく考える。
「本人が求めるものを、プレゼントする」とアドバイスをいただいたことがある。「言いたいことを言わせてもらう」のではない。何が求められているのか、何がほんとうに必要とされているのか。そしてそれを、どんな言葉にこめるのか。

ゴミの山は確実に減ってきた。ごくごくささやかなプレゼントであるが、受け取ってもらっている。たしかな手応えを感じる今日この頃である。


i

操体法講座のお知らせ
①12月14日15時~(天神会場)
②12月18日・19日・21日14時30分~(野間会場)

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法とともに-操体法との出会いから | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |