FC2ブログ
「よい動き」と「よくない動き」があるということを知る-操体法の基礎の入口-
2013/09/16(Mon)
運動は体によいといわれ、スポーツや体操やストレッチで体を動かしましょうという。運動不足の解消、エネルギーの消費のためによいともいわれる。

「動かせばよい」ではない。時と場合に応じて「体によい動き」と「体によくない動き」がある。その二つを判断できるように。そのような提案が操体法である。
だからスポーツや体操やストレッチとはまるでちがうことをやっている。「ただ動かす」というのでは、気づかぬうちに体をこわす。「こわさない動き」を判断する習慣と、正しい感覚を身につけましょう。それがほんとうの健康への道に他なりません。そう言っている。


健康法 ブログランキングへ

それは操体法の基礎。基礎のさいしょの入口だ。
記録をつくるためでもなく、順位を競うためでもない。自然が健全。健全とは何か。日常で動きを判断しながら、おのずと自然法則に即した生き方が実現されてゆくことを知る。

「体によい動きとわるい動きがある」だなんて、そんなこと考えて暮らす人がどのくらいあるだろう。だから毎日の生活の中に新しい動きの発見があり、はじめての感覚を体験する。操体法は新しい生活文化の提案といえるのではないかと私は考えている。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |