FC2ブログ
完全な燃焼。完全な消化-さいごは感謝が残るだけ-
2013/07/06(Sat)
焚き火はダイオキシン。不完全な燃焼が有害な物質を吐き出すのである。焚き火の賛否両論はあるが、高温の完全燃焼が有害な物質を、無害で単純なものにまで焼き尽くすというのは、そのまま「消化」にもあてはまる。

食べ過ぎはいけないというが、理由の一つには、腹の中で不完全な消化が起こり、多くの有害な物質が吐き出されるからだ。腸内の腐敗による毒ガスは、腸壁から吸収されて全身に運ばれて、全身の組織細胞をいじめ続け、ついには機能の低下、病的な状況をもたらす。
完全な消化は完全燃焼と同じく、最終的には水と二酸化炭素といった、単純で無害なものしか残らない。「微生物に生ゴミを完全分解させ、何も残らない」という装置が話題になっていたが、そういうことだろう。


健康法 ブログランキングへ

私の人生の歩みにもまた、消化しきれない生ゴミが積まれてぷんぷんと異臭を放ってはいないだろうかと思う。完全燃焼のイメージを持つよう、心がけたいものだ。あらゆる災難も不幸も、そこから多くを学びとっていけたなら、さいごには完全消化して、感謝という単純なものしか残らないということも、あるのではないか。

思い出しても腹が立つ、うらみや後悔や、どろどろしたものを吐き出す源泉も、いつかは透明でうつくしく、生命をはぐくむ水をもたらす泉へと、かわることもあるだろう。そういう感覚を、操体法をやっているうちに持つようになった。操体法の効果なのか、師匠のそばで過ごす効果なのか、そこのところ、はっきりとはわからない。その両方だろうと思う。


i

夏季集中講座のお知らせ(7月・8月)
①7月14日(日)午後14時開場。午後14時30分~17時 
②7月28日(日)午前10時30分開場。午前11時~午後17時(途中休憩13時半~14時半)
③8月は参加希望者で日程を調整いたします。
※会場:いずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。
※7月の「飛び入り自由」の講習は6日と20日です。15時から自由に入れます。参加費2,000円。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)


スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |