fc2ブログ
2012 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 06
どんなときも人生がバラ色の輝きを失わないために
2012/05/14(Mon)
足をくじいてまともに歩けなくなると意識が足に集中する。「この足のことさえなかったら」。足のことがなければ人生はバラ色に近い。足がひどければひどいほど、足の問題のない人生が輝きを増してゆく。

「足のこと」が去るにつれ、バラ色も少しずつ色あせてくる。
「足のこと」が消えた瞬間、あれほど願っていたバラ色の人生が、ただふつうの人生に戻っている。「なあんだ、ただの元通りじゃないか」と、あたりまえに思い、感謝のヒマさえないわけだ。

「足のこと」が消えた瞬間に、新しい悩みのタネがバラバラ降ってくるのだからしょうがない。
「これさえなかったら」「いや、それとこれと、ついでにあれもなかったら、そしたら今度こそ、いうことないんだがなあ」などと、いつの間にか思って過ごしている。
グチや不満の中で生きていたくはない。わがままなふくれっつらをして生きていたくはないと思うのである。
どんな状況にあっても、せめて晴れ晴れとした顔を、していたい。

足の問題をかかえているときも、悩みのタネはそこいらじゅうにばらまかれていたのである。しかしそれほどひどくは芽が出ていなかった。意識が足に集中していたからである。
足の不幸に集中している限り、その他の不幸は気にならない。その他の面では比較的幸せと感じられるのである。
自分の不幸に集中していると、その他の不幸は気にならない。他人は比較的幸せなのだと感じられ、自分のほうはどんなささいな不幸に見舞われても、どん底であえぐしかなくなる。

逆をとろう。他人の世話に集中していれば、自分のことは比較的気にならない。自分が不幸のどん底ということは、まずなくなるのである。我欲を捨てろ、むさぼりを捨てろという教えの意味は、案外こんなところにあるのかもしれない。
不満のタネがいつまでも尽きないのはなぜなのか。
不満のタネに毎日せっせと水をやり、肥料もあげてだいじにだいじに育てているのは、一体誰なのだろうか。

必要に応じて自問する。
スポンサーサイト



この記事のURL | 生きるということ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |