FC2ブログ
2009 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 10
口はタテ3.5センチ開けば公的には「正常範囲」なのですと言われても…
2009/09/04(Fri)
事故にあった瞬間から、心身の不調はすべて「事故によるものか」「事故とは無関係のものなのか」の区別をせまられる。また、心身の故障がどうなったときに「治った」「回復した」といえるのか、そういう判断もせまられることになるのであるが、これがそうカンタンにはいかない。むしろ本来不可能なことを無理矢理にでもやらなければならなくなるのである。

追突を受けて口が開かなくなったのを口腔外科で診てもらえというので行くと、タテ3,5センチぎりぎり正常範囲ですと静かに申し渡され、目がテンになった。それは「食べ物が入れられる口の大きさだから」だそうだ。事故による心身の不調についてはなかなか難しい面があるということを、この時点の私はまだよくわかっていなかった。
事故にあえば警察に届けを出すのに病院へ行って診断書をもらってこいということを告げられる。病院では「事故の被害者は事故によってこのような症状を引き起こした」という記録をとり、診断書を作成する。そして病院は保険会社の損害補償の制度を相当意識しながら治療をすすめていく。
福岡操体法スタジオ「調子がいいときの自分の体もぜひチェックしておきたい」へジャンプします。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |