FC2ブログ
2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08
足の切断も軽いヤケドも消毒を一切しないという
2009/07/21(Tue)
傷口とは、縫い合わせればくっつくというわけでもないのだなあと今さらに思う。どれだけ消毒し、どれだけ治療薬を塗りたくっても、細胞がきちんと活動しなければ、組織はくずれはてて壊れる。傷の回復の記録をたどって見ていく必要が、私にはある。

「傷口は消毒しないとバイキンが入って感染して大変なことになる」「大きな傷の場合はとくに抗生物質などの薬剤が必要」という社会に私は生きていて、歯を一本抜いただけでも痛み止めだの抗生物質だのが処方されるのが常識である。
しかし人間の思い込みが通用しないのが生きものの世界。体の中をのぞいて直接見ることができない病気の経過よりも、傷口の変化ははっきり具体的に目で見てわかる。自分の体に備わった復元力というか治癒力というようなものの実力を、あらためて見直したいと思う。

このことについて記事を更新しました。→福岡操体法スタジオ 「どれだけ消毒しても傷口には雑菌がわく」へジャンプします。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |