FC2ブログ
「首、肩、腰」と三べんとなえるー一番トクする筋肉のゆるめ方-
2016/07/10(Sun)

首肩腰をゆるめるのも実にたくさんの方法があり、
ぜんぶ試すわけにもいかない。
一回試したくらいで結論出せないし、
一つずつ試すうちに人生が終わってしまう。

人気ブログランキングへ
時間や手間がかかるものは長続きしない。
時間と手間をかければかけただけ結果がいいということも、
ないのが現実。
最大の結果が出て、
さらに時間も手間も最小限におさえる。
できれば自分で手軽に実行できる。
そういうのが一番長続きするっていうところで、
残ったのが操体法

選んだんじゃない。結果的に一つ残った、
一つでも手もとに残ったのは奇跡と思う。(前半は8時30分に投稿済)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 首と肩と腰と | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「首、肩、腰」と三べんとなえるー一番トクする筋肉のゆるめ方ー
2016/07/10(Sun)

くびかたこし。くびかたこし。くびかたこし。
ここが人体で固くなりやすいところ。
万病のもと老化のもと、
諸悪の根源と言ってかまわない。
体調管理を手早くできるようになりたかったら、
首肩腰をねらえっていうことだ。

人気ブログランキングへ
そう言うと、首肩腰をマッサージとかもみもみしたり、
したくなるでしょう。
それでゆるむなら苦労ないですが。
ゆるんでも一時的、ヘタすると悪化する。
ゆるめる世界にも、じょうずとヘタがやっぱりある。
どんな世界にもじょうずとヘタはあるのだから。(後半の投稿予定19時)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


この記事のURL | 首と肩と腰と | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒幕さえやっつければみんな大人しくなってしまう
2012/02/07(Tue)
心臓。肝臓。血圧。甲状腺。問題は限定されがちだけど、限定すれば解決から遠ざかることもある。新たな問題が次々と出てくる危険性もなくならない。
わるいところはどこ? たくさんのチンピラを相手にしていてはキリがない。黒幕は、どこにいる。

「腰が硬い。首が硬い。それがどうした」。
首や腰が硬いのが、どれだけ恐いか知らないから…。べつに恐がる必要もないが、首肩腰、これらの黒幕を無視する限り、いろんな問題につきまとわれてもしょうがない。多少からだを触りなれた人ならそんなケースめずらしくも何ともないだろう。
首肩腰とカンタンにいうが、首とは頚椎の並び。腰というのは英語でバック、背中側で胸椎と腰椎の並びとその周辺である。肩とは首や肩甲骨にまつわるもの。肋骨とも密につながっている。

頚椎損傷といえば、だれもが重症のイメージを持つ。体が不自由になることくらい、分かるだろう。神経が損傷されるからだ。同じように、背骨のどこを損傷しても程度の差こそあれ、全身いたるところの機能がそこなわれる。
損傷とまではいかないまでも、周辺の筋肉が硬くなれば内臓機能も含む運動機能全般に何らかの異常が発生しても不思議はない。

検査で調べたところだけを限定していじって、限定された薬に期待をかけて、治るのを待ったままどれだけ首が長くなったかと思われるようなケースも少なくない。
治りの悪い人は首肩腰がまちがいなく硬い。体の硬い人にたずねてみれば、心臓だの肝臓だの血圧、甲状腺といった、ありとあらゆる返事がかえってくる。黒幕の息のかかったチンピラを相手にし続けて、お財布も根気もくたびれているが、チンピラの糸を引く黒幕が、すずしい顔をして居座っているのには気づかない。

黒幕だから、しぶといこともあるけれど、チンピラの数が減ってくると、黒幕とチンピラの関係が少しずつのみこめてくる。のみこめてくると正体が分かるから恐くはなくなる。少々のチンピラが出てきても、「あ、こうすればいいのだな」と黒幕のほうをコントロールしてやる。そういうことを生活の中に取り込むうちに、黒幕もチンピラもめっきりご無沙汰になって、顔を思い出すこともなくなるだろう。
この記事のURL | 首と肩と腰と | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |